Notice: JavaScript is not enabled. Please Enable JavaScript so Functions Can work correctly.

lensa magazine – 神待ち掲示板の出会い率が80%を超える本当の理由

神待ち掲示板ランキング
SWEET LINE
SWEET LINEのバナー
神待ちと言えばやっぱりココ!

今最も盛り上がっている神待ち掲示板と言えばコチラ!連日の書き込みは2000件OVER!
少女達の間では知らない子はいないくらい知名度も抜群です!おすすめ☆

らぶらぶメール
らぶらぶメールのバナー
登録無料で速攻出会う!

出会いにお金はいらない!無料で使えて確実に出会うなららぶらぶメール。 希望の地域やタイプを選んで、理想の出会いを叶えてください。

家出女子掲示板
家出女子掲示板のバナー
写メ検索が可能な優良サイト!

口コミで人気急上昇中!オールジャンルの出会いに対応したマルチサイトがコチラ!
写メ検索が可能なので、お好みの子がいれば早速メッセしてみよう♪

神待ち少女らが家に帰らない理由、そして彼女らと出会う方法とは?


神待ちとは

みなさんは神待ちという言葉をご存知でしょうか?これは、お金に困っている少女らが自分にお金をくれる男性が現れるのを待っている状態のことを意味します。現在では、この神待ちという言葉は、単にお小遣いを欲しがっている女性全体に使われるようになりましたが、狭義には、家出中の少女のように、その窮地を救ってくれる男性をひたすら待っている状態を指すのです。

家を飛び出したはいいものの、貯金もなければ、持ち合わせもごく限られている。このままでは家に帰らなければならないが、どうしてもそのようにはしたくない。そういう少女らが、ネット掲示板や出会い系サイトに出入りし、男性を探すこと、あるいは書き込みをしてそこに返信してくれる男性を待つことを「神待ち」と表現するのです。

むろん、男性らは、タダでお金をあげるわけではありません。困っている子に手を差し伸べる大人など、実際のところはそれほど多くはないのです。ではなぜ少女らがお金をもらえるのかというと、彼女らはお金をもらう代わりに男性とセックスしているからです。つまり神待ちとは、援交相手を探していることを同時に意味しているのです。

どうして家に帰らないのか

少女らはどうしてそこまでして、家出を続けようとするのでしょう?それははっきり言って、大人には理解できない種類のことです。思春期特有の、と表現するのがよいかもしれません。学校でのいじめや、家庭内暴力といった深刻な理由から家出をしている少女は意外にも少なく、そのほとんどが、親とのちょっとした喧嘩など、ほんの小さな出来事で家出を決意した少女たちです。最近の若者は「キレやすい」とは言いますが、この家出、神待ちというのもそれに起因することなのかもしれません。

思春期の少女らは、大人からすればどうでもいいようなことを、さも人生における大問題であるかのように扱います。とても小さなことで思い悩み、そして家出を決意するのです。その多くは、初めのうちは友達の家に寝泊りします。が、遠慮のない子供は大人に嫌われますし、その友達にしても、いつまでも家に居座られるのは気持ちの良いものではないでしょう。

したがって、そのうちに自然と彼女らは自身で寝る場所、食べる物を確保する生活に移るのですが、それくらいの歳の子の持っている現金や貯金といえば高が知れています。底をついてしまうのも時間の問題です。そこで初めて、援助交際、神待ちという言葉が彼女らの頭をよぎるのです。

ここが家に帰るか、それとも家出を続けるかの最後の分岐点であるといえます。この時点で諦めて帰宅する少女もいますが、そのまま家出を続ける決意を固める子もいます。後者が、援交をする少女たちですね。どうして家に帰らないのか、それは人それぞれ理由があるでしょうから、ひとくちには申せません。けれども、一度援交を始めてしまった少女らが、それまでにも増して帰宅を考えないようになる理由については、ある程度推察することが可能です。

まず彼女らは、それまで親のもとで、その環境全体によって、ある種自由を奪われて生きてきた存在です。お小遣いは決められているし、門限も定められている。学校にも行かなければならないし、勉強をせねば成績は落ちます。赤点を取れば補習がありますし、塾に通うことを強制する親もいます。それ以外にも言い尽くせぬほどたくさんの事柄が彼女たちを縛り付けていたのです。

しかし、自分でお金を稼ぐようになれば、それは自分のものですから、好きに使って構いません。帰る時間を気にする必要もなければ、勉強する必要もありません。自分のお金で、自分の好きなことを一日中やっていられるのです。一度そのような自由な生活を始めてしまうと、もとの生活が馬鹿馬鹿しくなって、中々家に戻る気にはなれません。だってそうすれば、また窮屈な生活に逆戻りしてしまうのですから。

それにその自立した生活を送っているという事実が、ますます家族との縁を希薄にします。彼女らはまだ無知で、それからどんな苦労があるかを知りませんが、体を売ればしばらくは生活できるため、その自立した生き方に誇りのようなものを持ちはじめるのです。

そうなるとまた、今まで育ててくれた人や、見守っていてくれた人への感謝の念が薄弱になり、家に帰るという発想それ自体が頭に浮かんでこなくなります。そうなるともう、売春で一生を過ごす女性へ、具体的には風俗やAVの道に片足を突っ込んでいるといえるでしょう。ここまでくるとまず家に帰ることはありません。

男には関係ない

しかし、彼女らの人生がどうなろうと、男にしてみればそんなものは知ったこっちゃありません。もとよりその少女を救おうといった高尚な心情に突き動かされて彼女らと会っているわけではないのですから。男性が求めているのは彼女らの体であり、更生ではないのです。それにそのくらいの年代の子というのは、特に大人の言うことには反発するものですから、家に帰ることを諭すのもほぼ不可能といってよいでしょう。むしろ機嫌を害してしまう恐れがあるため、その話には一切触れない男性のほうが多いでしょうし、実際そうするのが賢明であるといえます。金を払ってセックスできればそれでいいんですよ。

家出少女は、そのためのうってつけの相手というわけです。なにせ、家出をしている身であるので、彼女らはすぐにでも買い手がつくような値段で自分の体を売りにかけます。それはその世代にしてはかなりの低価格でしょうから、お得な買い物だといえるのです。たしかに彼女らもたくさんお金をもらえたほうがいいのですが、それじゃあ十万円と謳って体を競売にかけても、それを払おうという男性が現れなければ、結局一文無しのままですからね。そこまでの額はふっかけられないわけです。

そんな家出少女らと出会うには、神待ち掲示板やSNSを使うのがよいでしょう。会員制で年齢制限のある出会い系サイトには、その数は少ないですから、未成年者も容易に出入りできる場所を狙って行動したほうが、相手の見つかる確率は高いと思われます。家出をしている子は、高確率で「家出中で・・・」といった書き込みをしているので、そういった子を探し出してコンタクトをとってみましょう。中高生向けのチャット、掲示板に出入りしてみるのもありです。

それっぽい子を見つけたら、とにかくすぐに連絡することが大切です。早い者勝ちといってもよいので、他に遅れをとることは失敗に直結します。しかしもし早い段階で連絡を取ることに成功すれば、他に良い男が現れないかぎりは、会える可能性は大です。

万全を期しておきたければ、その子の提示する額に一万円ほど上乗せしてやるとよいでしょう。彼女らは最も高い額を提示してくれた男性を優先的に援交相手に選ぶと思われます。特に中高生向けの掲示板などに書き込みがなされていた場合には、そこを見ているのは中高生であるわけで、つまり財力で大人が劣ることのありえない場所だといえます。そういたっところで、提示額にさらに上乗せをするとなれば、あなたが選ばれることに間違いはないでしょう。

あなたも試してみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.